Googleが低品質サイトの評価を下げるアップデートを実施

 

2月3日、Googleは「低品質なウェブサイトの評価を下げる」アップデートを実施しました。

他のコンテンツをコピーしたようなまとめサイトを対象として評価を下げる措置のようです。

 

Googleは低品質サイトの評価を下げる

昨年末に大きな話題となったDeNAの運営するWELQ(ウエルク)のようなまとめサイト(キュレーションサイト)に掲載される不正確な情報が、Googleの検索結果の上位に表示されるという点を、今回のアップデートで改善したようです。

Google、低品質サイトの評価を下げるアップデート――キュレーションメディアなどが対象に | TechCrunch Japan

グーグル検索「低品質なサイト」順位下げる まとめサイト標的の見方

 

ウェブサイトの品質評価方法を変更

Googleウェブマスター向け公式ブログでは、以下のように説明しています。

ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。
その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。

日本語検索の品質向上にむけて

 

 

ユーザーに役立つ記事を書くことが最大のSEO対策になる

Googleがはっきりと

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

と言っているように、ユーザーに役立つ良質なコンテンツがあるサイトがいいサイトとなります。

すでに小手先のSEO対策が通用する時代は終わっていますが、今後益々「良質なコンテンツ」の重要性は高まってきます。

ウェブサイトやブログでは、ユーザーに役立つ良質なコンテンツを掲載することを日々継続してやっていくことが、最大のSEO対策であり、結果的に成果に繋がる運用手法になります。

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です