ウェブサイトの運営に欠かせないドメインですが、ドメインの更新は早めに行うことをおすすめしています。

ドメインの更新は早めがおすすめ

ドメインの取得・管理はドメインを扱う事業者と契約して行いますが、この事業者はそれぞれのドメインを管理する組織との仲介役になります。

ユーザー ー ドメインを扱う事業者 ー 各ドメインを扱う組織

このような関係になります。

そのため、更新期限ギリギリだと手続きが間に合わない場合が出る恐れがあります。
更新期限が過ぎると、一定期間復活可能な状態で凍結されるので、この期間に更新費用+手数料を支払い復活させることはできますが、凍結されている間はメールやウェブサイトが利用できなくなります。

このため、ドメインを扱う事業者はドメインの更新期限の10日前までに更新手続きを済ませることを推奨してます。

更新期限は契約しているドメイン事業者の管理ページで確認できますし、有効期限が近づくとメールで通知されるはずです。
手帳やGoogleカレンダーなどスケジュールを管理するものに更新期限を記入しておき、忘れないようにしましょう。

更新手続きは1ヶ月以上前からできますので、気がついたら即手続きをしておいてもOKです。
2年3年と長期の契約もできますが、この場合更新の間隔が空くので忘れないように注意してください。

 

更新期限が切れたドメインはどうなる?

更新期限が切れると一定期間凍結され、権利失効し誰でも自由に取得できる状態になります。
長年使っていたドメインはSEO面で有利なので中古ドメインを扱う事業者が買い、中古ドメインとして高値で販売されることもあります。

権利を執行した場合、同じドメインを再度取得できる保証はありません。
あっという間に他の人や中古ドメイン業者に取得され、二度と取得できない例の方が多いかもしれません。

引用:ムームードメインのウェブサイトより

 

 

ドメインはインターネットでのお店や会社の名前や住所です。
更新忘れがないようしっかりと管理していきましょう。

 

いいね or フォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。