WordPress安全対策 ニックネームを設定する

 

先日はWordPressの脆弱性を突いた改ざん被害が話題になりましたが、ユーザーアカウントの乗っ取り被害も少なくありません。

今回は乗っ取り被害を予防する手段のひとつを紹介します。

 

WordPressのユーザー設定でニックネームを設定する

WordPressのテーマによってはブログの記事に投稿者名を表示するものがあります。

 

複数で記事を書いている場合は、記事を書いた人を見分けることができて便利なのですが、ユーザー設定で名前などの詳細を設定していないと 投稿者名=WordPressのユーザー名 になります。

ユーザー名とパスワードがわかればWordPressのダッシュボードにログインできるので、安全上できるだけログインに関する情報はわからないようにした方がいいので、このユーザー名の表示を別なものにしましょう。

 

WordPressのダッシュボードのメニューから[ユーザー]を表示し、編集したいユーザーをクリックします。

 

ユーザーの編集画面で、ニックネーム を記入し、ブログ上の表示名ユーザー名以外の表示に設定すればOK! ※日本語・漢字も使えます。

 

WordPressのユーザー名は変更できませんが、ニックネームや名は変更できます。

WordPressのダッシュボードへの不正ログイン(適当なユーザー名やパスワードでログインを試みる行為)も相当数ありますので、ユーザー名やパスワードといったログイン情報の設定や管理も厳重に行っていきましょう。

 

 

関連記事

  1. WordPress 5.2.3 が公開されました

  2. WordPressサイトへの攻撃が増加している

  3. WordPress 5.0で従来のビジュアルエディタを使う

  4. WordPressとの出会いから10年

  5. バージョンアップ必須! WordPressの脆弱性に注意

  6. WordPress 5.1.1 が公開されました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine