WordPress安全対策 ニックネームを設定する

 

先日はWordPressの脆弱性を突いた改ざん被害が話題になりましたが、ユーザーアカウントの乗っ取り被害も少なくありません。

今回は乗っ取り被害を予防する手段のひとつを紹介します。

 

WordPressのユーザー設定でニックネームを設定する

WordPressのテーマによってはブログの記事に投稿者名を表示するものがあります。

 

複数で記事を書いている場合は、記事を書いた人を見分けることができて便利なのですが、ユーザー設定で名前などの詳細を設定していないと 投稿者名=WordPressのユーザー名 になります。

ユーザー名とパスワードがわかればWordPressのダッシュボードにログインできるので、安全上できるだけログインに関する情報はわからないようにした方がいいので、このユーザー名の表示を別なものにしましょう。

 

WordPressのダッシュボードのメニューから[ユーザー]を表示し、編集したいユーザーをクリックします。

 

ユーザーの編集画面で、ニックネーム を記入し、ブログ上の表示名ユーザー名以外の表示に設定すればOK! ※日本語・漢字も使えます。

 

WordPressのユーザー名は変更できませんが、ニックネームや名は変更できます。

WordPressのダッシュボードへの不正ログイン(適当なユーザー名やパスワードでログインを試みる行為)も相当数ありますので、ユーザー名やパスワードといったログイン情報の設定や管理も厳重に行っていきましょう。

 

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です