インターネットの利用はパソコンよりスマホ、という今の時代。
そんなイマドキの調べもの=検索事情について改めて考えてみましょう。

2021年 イマドキの検索事情

イマドキの検索事情について、とても興味深い記事がありますので紹介します。
LINEの調査サービス「LINEリサーチ」が調査した結果をもとにした記事です。

この中でまず インターネットで調べものをするときに使っているもの では、スマホが93%で、パソコンは38%、タブレットは15%というデータですが、やはりスマホが圧倒的な使用率を誇っていますね。タブレットの使用率の低さは意外ですが、一般的な普及という点ではそれなりの数値なのかもしれませんね。

画像引用:Web担当者Forum記事より

 

SNSに加えてYotubeが伸びている

スマホで調べものをするときに使うサービスでは、TwitterやInstagramのSNSに加えて、YouTubeが各性別・年代で上位に入っていることに注目です。

画像引用:Web担当者Forum記事より

お客様との話の中でも、料理のレシピや作り方、パソコンの使い方、DIY、キャンプのあれこれなどをYouTubeで調べている、見ながらやっている、ということがよく出るようになりました。
実際にやっていることを動画で見ることができればわかりやすい・・・というのが大きな魅力ですね。

 

時代に合わせたツール活用を!

調べものは検索サイトからSNSへ・・・と言われたのがつい最近のようですが、そこからさらにSNS+YouTubeという時代になっています。
運用する側も時代に合わせたツール活用を心がけていきたいですね。

・・・フジデンキでもいよいよYouTubeを活用すべく準備をしています。
YouTubeチャンネルを作成し、動画の制作を試行錯誤しながら進めています。

 

いいね or フォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。