Google Analyticsのデータ保存期間を無制限に設定しておきましょう

 

Google Analyticsのデータ保存期間が、5月25日より26ヶ月に変更されますが、設定を変更すれば保存期間は無制限になりますので、忘れずに設定しておきましょう。

 

Googleの仕様変更

Googleから「一般データ保護規則(GDPR)に関する重要なお知らせ」というメールが届きました。

 

Google Analyticsの仕様を変更し、過去のデータを消去していくということらしいのですが、この変更により標準のデータ保存期間が26ヶ月分になります。

26ヶ月・・・約2年分ですが、長くウェブサイトを運用しているとそれ以上のデータはありますし、過去のデータを見たいときもあるので消したくはありません。

Google Analyticsのデータ保存期間はユーザーが設定することができ、保存期間を無制限にすることができるので、ぜひこの設定をしておきましょう!

 

Google Analyticsのデータ保存期間を無制限に設定する

Google Analyticsにログインしたら、左側下部の 管理 をクリックします。

 

管理画面のプロパティにある トラッキング情報 をクリックすると、データ保持 という項目があるのでクリックします。

 

また、これらの設定は5月25日に有効になります という注記があり、ユーザーデータとイベントデータの保持26ヶ月 になっているはずです。

 

26ヶ月の箇所をクリックすると選択肢が表示されるので、自動的に期限切れにならない を指定します。

 

ユーザーデータとイベントデータの保持自動的に期限切れにならない になっていることを確認したら、保存 ボタンをクリックし設定完了です。

 

5月25日までに設定変更をしましょう

今回の仕様変更は5月25日に有効になりますので、設定はそれ以前に行うようにしましょう。

Google Analyticsのデータ保持についての詳細は、下記のヘルプ記事にありますので参照ください。

データの保持(アナリティクス ヘルプ)

 

関連記事

  1. Googleマイビジネスでクーポン配布が可能になりました

  2. ウェブサイトがないことはお店がないのと同じ時代になってきた

  3. サブドメインとサブディレクトリの違い

  4. レンタルサーバーの管理が必要な理由

  5. ヘタなデジカメよりiPhoneのカメラの方がいい理由

  6. ウェブサイトリニューアル時に抑えておきたい 7つのこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog