Google Analyticsのデータ保存期間を無制限に設定しておきましょう

 

Google Analyticsのデータ保存期間が、5月25日より26ヶ月に変更されますが、設定を変更すれば保存期間は無制限になりますので、忘れずに設定しておきましょう。

 

Googleの仕様変更

Googleから「一般データ保護規則(GDPR)に関する重要なお知らせ」というメールが届きました。

 

Google Analyticsの仕様を変更し、過去のデータを消去していくということらしいのですが、この変更により標準のデータ保存期間が26ヶ月分になります。

26ヶ月・・・約2年分ですが、長くウェブサイトを運用しているとそれ以上のデータはありますし、過去のデータを見たいときもあるので消したくはありません。

Google Analyticsのデータ保存期間はユーザーが設定することができ、保存期間を無制限にすることができるので、ぜひこの設定をしておきましょう!

 

Google Analyticsのデータ保存期間を無制限に設定する

Google Analyticsにログインしたら、左側下部の 管理 をクリックします。

 

管理画面のプロパティにある トラッキング情報 をクリックすると、データ保持 という項目があるのでクリックします。

 

また、これらの設定は5月25日に有効になります という注記があり、ユーザーデータとイベントデータの保持26ヶ月 になっているはずです。

 

26ヶ月の箇所をクリックすると選択肢が表示されるので、自動的に期限切れにならない を指定します。

 

ユーザーデータとイベントデータの保持自動的に期限切れにならない になっていることを確認したら、保存 ボタンをクリックし設定完了です。

 

5月25日までに設定変更をしましょう

今回の仕様変更は5月25日に有効になりますので、設定はそれ以前に行うようにしましょう。

Google Analyticsのデータ保持についての詳細は、下記のヘルプ記事にありますので参照ください。

データの保持(アナリティクス ヘルプ)

 

投稿者プロフィール

kikuchi@webmaster
kikuchi@webmasterフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です