GDPRとGDPRに対応したWordPressの扱いについて

 

WordPress 4.9.6がプライバーシー・メンテナンスリリースという名称で公開されました。
このプライバシーにはGDPR(EU一般データ保護規則)への対応があります。

そこでGDPRとGDPRに対応したWordPressについて確認しておきたいと思います。

 

GDPRとは?

GDPRはEU一般データ保護規則といい、2018年5月25日に施行されました。

ごく簡単に言うと、EU(欧州連合)内の個人データを保護する法律で、違反した場合は制裁金が課せられる というものです。

対象になるのはEUに拠点を置くデータを扱う者やEU居住者に商品やサービスを提供する者になります。

 

日本の事業者等の場合は、EUに拠点をおいたり、商品やサービスを提供している、EUから個人データ処理を委託されているといった場合は対象になります。

 

GDPRについて参考になる記事

GDPR(EU一般データ保護規則)で抑えておくべきポイント|マルケト

EU一般データ保護規則(GDPR)の概要(前編) | NTTデータ先端技術株式会社

EU一般データ保護規則(GDPR)の概要(後編) | NTTデータ先端技術株式会社

 

GDPRに対応したWordPress 4.9.6

WordPress 4.9.6ではGDPRに対応するための機能が追加されました。

プライバシーポリシーページ設定機能

ダッシュボードのメニュー[設定]に[プライバシー]が追加されました。

 

ここではプライバシーポリシーページの作成や設定をすることができます。

 

すでにプライバシーに関するページがある場合はそれを設定することもできます。

この場合、ここで設定するだけでメニュー構成はそのままでOKです。

 

データのエクスポートや削除機能

GDPRでは個人のデータをエクスポートしたり、削除する機能の設置が義務づけられているため、WordPressにもその機能が追加されました。

ダッシュボードの[ツール]の中に 個人データのエクスポート個人データの消去 があります。

 

ウェブサイト担当者は何をすればいいのか?

日本向けに展開している場合、直接影響はありませんが、最低限の対策はしておくべきです。

GDPRに対応したWordPressにする

WordPressサイトであれば、4.9.6にしておけばOKです。

 

プライバシーポリシーページを作成・整備する

プライバシーポリシー(個人情報の取扱)についてのページがない場合は、作成し公開します。

その内容はできるだけGDPRに沿った内容にしておくのがいいですね。

 

対応内容は下記の記事が参考になります。

今日からGDPR施行だけど実は何もしてなかったぜというWEB担当者のために書いた | フジイユウジ::ドットネット

 

まとめ

直接影響を受ける事態ではありませんが、やるべきことをやっておくことは大切です。

フジデンキで制作させていただいたウェブサイトには必ず「個人情報の取扱について」というページを設定していますが、今後その内容もGDPRに対応したものにしていきます。

 

関連記事

  1. モバイルからのインターネット利用がパソコンを追い越した

  2. Googleマイビジネスの重要度が大きくなる

  3. レンタルサーバーが続々とSSLを標準機能に

  4. 記事を書くときは「表記のゆれ」に気をつける

  5. WordPressのアップデートをいち早くメールで受け取る方法

  6. システムの脆弱性への対応は迅速にすべし!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 6月 03日
  2. 2018年 6月 14日
  3. 2019年 4月 01日

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine