GDPRとGDPRに対応したWordPressの扱いについて

 

WordPress 4.9.6がプライバーシー・メンテナンスリリースという名称で公開されました。
このプライバシーにはGDPR(EU一般データ保護規則)への対応があります。

そこでGDPRとGDPRに対応したWordPressについて確認しておきたいと思います。

 

GDPRとは?

GDPRはEU一般データ保護規則といい、2018年5月25日に施行されました。

ごく簡単に言うと、EU(欧州連合)内の個人データを保護する法律で、違反した場合は制裁金が課せられる というものです。

対象になるのはEUに拠点を置くデータを扱う者やEU居住者に商品やサービスを提供する者になります。

 

日本の事業者等の場合は、EUに拠点をおいたり、商品やサービスを提供している、EUから個人データ処理を委託されているといった場合は対象になります。

 

GDPRについて参考になる記事

GDPR(EU一般データ保護規則)で抑えておくべきポイント|マルケト

EU一般データ保護規則(GDPR)の概要(前編) | NTTデータ先端技術株式会社

EU一般データ保護規則(GDPR)の概要(後編) | NTTデータ先端技術株式会社

 

GDPRに対応したWordPress 4.9.6

WordPress 4.9.6ではGDPRに対応するための機能が追加されました。

プライバシーポリシーページ設定機能

ダッシュボードのメニュー[設定]に[プライバシー]が追加されました。

 

ここではプライバシーポリシーページの作成や設定をすることができます。

 

すでにプライバシーに関するページがある場合はそれを設定することもできます。

この場合、ここで設定するだけでメニュー構成はそのままでOKです。

 

データのエクスポートや削除機能

GDPRでは個人のデータをエクスポートしたり、削除する機能の設置が義務づけられているため、WordPressにもその機能が追加されました。

ダッシュボードの[ツール]の中に 個人データのエクスポート個人データの消去 があります。

 

ウェブサイト担当者は何をすればいいのか?

日本向けに展開している場合、直接影響はありませんが、最低限の対策はしておくべきです。

GDPRに対応したWordPressにする

WordPressサイトであれば、4.9.6にしておけばOKです。

 

プライバシーポリシーページを作成・整備する

プライバシーポリシー(個人情報の取扱)についてのページがない場合は、作成し公開します。

その内容はできるだけGDPRに沿った内容にしておくのがいいですね。

 

対応内容は下記の記事が参考になります。

今日からGDPR施行だけど実は何もしてなかったぜというWEB担当者のために書いた | フジイユウジ::ドットネット

 

まとめ

直接影響を受ける事態ではありませんが、やるべきことをやっておくことは大切です。

フジデンキで制作させていただいたウェブサイトには必ず「個人情報の取扱について」というページを設定していますが、今後その内容もGDPRに対応したものにしていきます。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@webmaster
kikuchi@webmasterフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

2 thoughts on “GDPRとGDPRに対応したWordPressの扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です