ウェブサイトやブログのURLを改めて考えてみる

 

ウェブサイトやブログのURL、意識していますか?

今回は、普段あまり意識することがないURLについて改めて考えてみましょう。

 

WordPressサイトのURLは自動的に作られる

WordPressでつくられるサイトではURLはページや投稿を作ると自動的に作成されます。

投稿ページのURLはWordPressのパーマリンク設定で、好みのスタイルに指定することができます。

 

固定ページのURLは記事のタイトルがそのままURLになります。

 

固定ページや投稿ページのパーマリンク設定で記事のタイトルをURLする設定をした場合は、日本語のタイトルがそのままURLになってしまう点に注意が必要です。

 

URLは検索結果に影響する?

まず、先に触れた日本語のURLは、SEO的に問題がないと言われています。

 

ただ、Googleサーチコンソールのヘルプでは、「コンテンツの情報を伝えるわかりやすいURL」ということを言及しています。

 

要点は下記の点。

  • 極端に長い暗号のようなURLは、訪問者を困惑させることがある
  • より簡単で「フレンドリー(ユーザーがわかりやすい)」ものが適している
  • URLで単語を使用することを推奨する

やってはいけないこととして、下記のようなことが言われています。

  • 不必要なパラメータやセッション、IDを含む長いURLを使用すること
  • 「page1.html」のような一般的なページ名を選ぶこと
  • 「baseball-cards-baseball-cards-baseballcards.htm」のように過度にキーワードを使用すること

 

理想的なURLは?

それでは、理想的なURLとはどんなものか?
下記の2点になります。

  • シンプルでわかりやすい
  • 記事(タイトル)に即した英単語が入っている

 

長いURLはわかりにくいですし、SEO的に問題がないという日本語URLも、1バイト文字にした際に無意味な文字の羅列になってしまうため、結果的にいい影響は出ません。

日本語のタイトルの記事でも、その内容から英単語を使ってシンプルに仕上げるのがいいでしょう。

 

例として・・・この記事ではタイトルが

ウェブサイトやブログのURLを改めて考えてみる

ですので、URLは

https://3061.jp/website-blog-url-check/

としてみました。

 

まとめ

URLはSEO対策としてはそれほど重要でない項目かもしれませんが、ユーザビリティ・アクセシビリティの点では配慮しておきたい項目です。

何気なく設定していたURLに少し目を向け、意識して設定してみることをおすすめします。

 

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@webmaster
kikuchi@webmasterフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

One thought on “ウェブサイトやブログのURLを改めて考えてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です