• SNS

SEO対策とSNS対策

 

ウェブサイトのアクセス数を上げるためには SEO対策が欠かせない と言われていますが、スマホでの利用が多くなっている今の時代はそれだけでは通用しなくなっています。

 

スマホユーザーは検索しない?

CMでお馴染みの「OK! Google!」と呼び出して検索するアレ、みなさんやってますか?
「おぉ! 便利そう!」とは思いますが、 実際にやるとなると、ちょっと恥ずかしくて・・・と思うのはワタシだけではないと思います。

それでも、文字を入力して検索することはありますが、スマホネイティブな若年層になると、検索する機会はずっと減るそうです。

では、どうして探すのか?

例えば飲食店やファッションなどはSNSで流れてくる情報をハッシュタグ(#)で追いかけるという手法を使います。

Instagramで #ラーメン というハッシュタグを入力すると、関連するハッシュタグがずらっと並びます。
ラーメンというワードでも様々な関連するハッシュタグがあることがわかります。

 

代表的な #ラーメン がついた投稿をチェックすると、最初に人気投稿がどん!

 

その下に最新の投稿がずらっと並びます。

 

上の例では #ラーメン で検索しましたが、実際はフォローしている相手の投稿にあるハッシュタグをクリックして追いかけるのが一般的です。

大抵は複数のハッシュタグを付けているので、ひとつの投稿から好みに応じて、深く追いかけていくことができます。

 

ユーザーの情報だから信用できる

SNSに投稿される情報は、上の例では、実際にそのラーメンを食べた人が投稿する情報がメインで、ユーザーのリアルな感想が添えられているので、信用できる情報だとも言えます。

検索でお店そのものを探すより、ユーザーの声から探していった方がよりリアルな情報を得ることができる点と、容易さが好まれるようです。

 

 

SNS対策も必須な時代に

ネット利用はスマホがパソコンでの利用数を超えています。

パソコンを先に使っていたユーザーはスマホでも検索するのが当然と思っているかもしれませんが、スマホが先だったりスマホメインのユーザーはパソコンユーザーとは違った手法で利用するということを知っておくことは大切です。

InstagaramやTwitterのタイムラインを流し読みし、気になった投稿(主に画像=スマホユーザーの多くは文字は読み飛ばす)のハッシュタグからその系統の情報に入っていく・・・という手法で必要な情報にアクセスしているわけですから、お店や会社の情報もその流れの中にあるようにすることは欠かせない作業になります。

 

SEO対策も大切ですが、SNS対策も真剣に取り組む必要があります。

この機会に改めて検討してみませんか?

 

 

関連記事

  1. Facebookページの間違った使い方

  2. Instagramのプロアカウントへの切り替えはお済みですか?

  3. Instagramの運用時に気をつけたいこと

  4. LINE@のQRコードは2020年4月以降 利用不可になる

  5. Google+ページの投稿方法が変わりました

  6. Instagramの活用の参考になる最近の記事まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. I ♡ NISHITA
お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog