Google翻訳を使ってウェブサイトを多言語化する方法

 

お店や会社の業種によっては「英語や中国語など多言語化して海外からの需要にも対応したい」という要望があります。

ウェブサイトの多言語化というととても大変なことでしたが、Google翻訳を使った ウェブサイト翻訳ツール を使えば、既存サイトを簡単に多言語化できてしまうのです。

 

わずかな手間で多言語サイト化できる!

3061.jpのウェブサイトが・・・・

 

丸ごと英語化される!

 

これが簡単にできてしまうのが、Google翻訳を使った ウェブサイト翻訳ツールです。

ウェブサイト翻訳ツール – Google 翻訳

 

Google ウェブサイト翻訳ツールを使う

ウェブサイト翻訳ツールは、多言語化したいウェブサイトと翻訳したい言語を設定し、ウィジェット用のコードを出力し、ウェブサイトに貼り付ければ利用できます。

ウェブサイト翻訳ツールのサイトにアクセスし、今すぐウェブサイトに追加 をクリックします。

 

表示されたウインドウで利用したいウェブサイトのURLを入力し、元の言語を日本語に指定して、次へ をクリックします。

 

オプションの設定では、一般的には 翻訳する言語 で 言語を指定 に変更するだけでいいでしょう。
コードを取得 をクリックします。

 

翻訳したい言語を指定します。
ここで欲張るとプルダウンメニューが大変なことになりますし、対象にしたいお客様の利用する言語に絞った方がいいです。

 

翻訳する言語を選んだら、基本的にあとはそのままでOK。
コードを取得 をクリックします。

 

コードが表示されるので、これをコピーして、ウェブサイトで利用します。
WordPressサイトの場合は、ウィジェットで利用するのが一番簡単です。

 

3061.jpサイトでは、フッターのウィジェットに設定してみました。

 

言語を選択 の窓をクリックすると、プルダウンメニューで翻訳したい言語が表示されます。

 

翻訳されたページでは、上部にGoogle翻訳のツールバーが表示されます。
翻訳を終了するには、ツールバー右端の×印をクリックします。

 

サイドバーのあるウェブサイトの場合は、全ページで表示できるサイドバー用のウィジェットで配置するのがいいでしょう。

 

飲食店や商業施設などで、海外からのお客様によりアピールしたい場合は、サイトの最上部や、サイドバーの最上部など、より目立つ位置に翻訳用のバーをレイアウトするといいですね。

ウイジェット以外に、サイトのソースに直接コードを使いすることで、サイトの最上部など、思うような位置にレイアウトすることができます。

自社サイトで利用の際はトラブル予防のために、Googleの利用規約や、翻訳の内容についての注意などを明記したページを作成し、翻訳ツールの付近にリンクしておくことをおすすめします。

 

ウェブサイト翻訳ツール – Google 翻訳

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です