アメブロの常時SSL化でバタバタしてるらしい

 

ブログサービスのアメブロが常時SSLを実施する・・・ということで、その界隈はバタバタしている方も多いようです。

 

アメブロが常時SSL化を実施する

ウェブサイトの常時SSL化は当然の流れではありますが、発表から1ヶ月程度での実施(3月以降順次なので、具体的な切替日は不透明)というのは非情過ぎないか? と感じます。

「常時SSL化? 何それ?」という方は、この情報に気づきもせずいるかもしれませんが、アメブロを仕事に活用している方達の間では、常時SSL化への対応で大わらわのようです。

常時SSL化でURLが http:// から https:// へ変わるのはもちろんですが、アメブロ独自のプラグインが使えなくなったり、記事本文等でも修正が必要になるなど、問題は多岐に渡り、作業量も相当なものになりそうです。

仕様変更の内容詳細

■仕様変更の実施日程
2017年3月以降に、順次対応して参ります。
詳細な日時に関しましては、追って本記事にてご報告いたします。

■ プラグインリスト内のプラグインの提供終了
以下のプラグインの新規設置が行えなくなります。
・ぺたっとセルフィ
・Amebaなう
・ピグ「きてね」ボタン

■ フリープラグインの仕様変更
許可されたサービスのプラグイン以外の設置は禁止となり、外部会社が提供するブログパーツなどは設定が行えなくなります。
許可された提供元サービスについては、以下ヘルプをご参照ください。

常時SSL化以降、ご利用可能なプラグインについて
http://helps.ameba.jp/faq/blog/1006/ssl.html

また、フリープラグイン内にJavaScript等を利用して表示や動作をカスタマイズしている場合は正常に動作しなくなります。

すでにアメブロ内に設定されているプラグインに関しましては、正常に表示や利用がされなくなりますので、タグの削除や許可されたプラグインへの差替をお願いします。

■ 記事本文内・メッセージボード・フリースペースの仕様変更
iframe や script タグにて外部サイトの埋め込みURLなどをご利用の場合、その外部サイトがhttpsに非対応だった場合内容が正常に表示されません。
表示がされなくなった場合は、ご自身でタグの削除等のご対応をお願い申し上げます。

<下記記事より抜粋>

『【追記あり】アメーバブログの常時SSL化に伴う仕様変更について』

 

アメブロのカスタマイズ等を仕事にしていた方達は、今回の対応でパニック状態でしょうが、ご自分でカリカリとカスタマイズしてきた方もまた大変です。
準備期間があればまだマシなのですが、発表から1ヶ月程度で強制的に変更されてしまうのはキツイですね。

 

アメブロ自体が衰退傾向、そろそろ見切り時?

お店や会社のブログに関しては、アメブロは商用利用不可なので(←案外知らない方が多い)、営利目的のコンテンツを書いて、突然ブログ自体を削除されるということもあるので、おすすめできるものではありませんでしたが、今回のことでアメブロから離れる方も出てくるのではないかと思います。

ここ数年は、アメブロはオワコン(終わったコンテンツ)と言われる方もいましたが、衰退傾向であることは間違いないですね。

 

自社のドメイン下でブログを運用すべし!

自社でドメインを持ち、ウェブサイトを運用しているのであれば、そのドメインの価値を上げるためにも、自社ドメイン下でブログを運用するべきです。

自社ドメインでWordPressサイトを運用しているのに、ブログはアメブロやJUGEMといったブログサービスという、非常にもったいない運用をしている例も見かけますが、今回のアメブロのように、ブログサービスの仕様変更のリスクも加わると・・・自前でブログを運用するメリットがよく理解できると思います。

 

自前のサーバーであれば、常時SSL化は自社で計画してしっかりと準備をしながら進めることができ、今回のような混乱は発生しません。

もし、ブログを他のブログサービスで運用している方は、自社ドメイン下で自前のブログに移行することを検討することをおすすめします。

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です