Classic Editorの公式サポート期限は2022年末

 

WordPrerssのClassic Editorプラグインの公式サポート期限は2022年末になったようです。

 

Classic Editorの公式サポート期限は2022年末

WordPress 5.0でブロックエディタのGutenberg(グーテンベルグ)が採用され、従来のエディタはClassic Editor(クラシックエディタ)のプラグインとして提供されていますが、そのClassic Editorプラグインの公式サポート期限が2022年末までということになりました。

 

テーマによってはGutenberg未対応のものもある

現時点でもテーマによってはブロックエディタのGutenbergを推奨しないもの、不具合が起きる可能性があるものもあり、Classic Editorプラグインのお世話になっているサイトもありますし、Classic Editorで作成したページをGutenbergで編集するのはややこしくなるため、Classic Editorプラグインを使っているというサイトも多数あります。

しかし、これらのサイトもいずれはGutenbergで扱うことになることを覚悟しておく必要が出てきました。

 

Classic Editor資産の引き継ぎ

コンテンツを引き継いでリニューアルする際も注意が必要です。
先日もサイトリニューアルの作業で、Classic Editorで作成したコンテンツを残して、Gutenbergを採用したのですが、編集が必要なページはGutenbergで新たに構築し直しました。
編集しなければ問題ないのですが、ある程度編集したい場合はGutenberg化してしまった方がいいようです。

 

Classic Editorの公式サポートは2022年末までということですので、あと1年ちょっとでサポートが終わることになります。
それまでの間にWordPressサイトのGutenberg化を進めていくようにしたいですね。

 

関連記事

  1. WordPressの基本を理解する

  2. WordPress 4.9.1 セキュリティメンテナンスが公開されまし…

  3. WordPressのPHPについて

  4. WordPressの基本を理解しよう

  5. WordPress 4.7.1 セキュリティメンテナンスがリリースされ…

  6. どうしてWordPressは狙われるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine