Canvaで既存写真に文字入れする方法

 

Canvaを使ってブログなどでよく使う、文字の入ったアイキャッチを簡単に作る方法を紹介します。

 

Canvaで既存写真に文字入れする方法

一番簡単なアイキャッチの作り方は、自分で撮影した写真や無料素材サイト等でダウンロードした写真に文字入れをする、というやり方です。

使用する写真のサイズが大きい場合は、ブログに適切なサイズに縮小することをおすすめします。
画像縮小には専用ソフトを使うと簡単です。

 

写真が用意できたらCanvaを開き アップロード をクリックします。

 

ウインドウ右上の[アップロード]ボタンか、ドラッグ&ドロップで画像をアップロードできます。

 

アップロードができたら、その画像をクリックします。

 

ウインドウが開くので、その右側ある [デザインに使用する] ボタンをクリックします。

 

下地に使う画像を入れるため、利用する図形をクリックします。

 

挿入した図形のサイズや色、透明度を調整します

 

次に文字を入れるため、テキストボックスをクリックします。

 

テキストボックスに文字を入力し、上部のツールバーで挿入する文字のフォントや色や大きさなどを調整します。

日本語表記では日本語フォントを設定するようにします。
日本語フォントを使わないと、下記のような文字になってしまいます。

 

文字が入って完成したら、ウインドウ右上の[パブリッシュ]ボタンをクリックして画像を保存します。

 

これが完成した画像。
この記事のアイキャッチです。

 

まとめ

Canvaはインストール不要、ブラウザで利用できる画像加工サービスです。
基本的な機能は無料で利用でき、アイキャッチ画像やブログ、SNSで使う画像加工なら無料の範囲でも十分可能です。

本格的な画像加工ソフトを使わなくても、かっこいい画像を簡単に作ることができるおすすめサービスです。

 

こちらの記事も参考に!

 

関連記事

  1. ウェブサイト担当者さんにおすすめのスマホアプリ

  2. Firefoxが非SSLページでの入力に警告表示 ウェブサイトは常時S…

  3. 無料で使える高機能画像編集ソフト GIMP

  4. Asanaをエディトルアルカレンダーとして使う

  5. ウェブサイト運用で毎日使っているおすすめのツール&サービス

  6. Chromeでは https:// が標準になる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 7月 20日
  2. 2019年 7月 24日

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine