2017年 ウェブサイトはどう作る?

 

めまぐるしく進化するウェブ業界ですが、2017年のウェブサイトは、どんなことを意識して作るべきか?・・・をまとめてみます。

 

2017年 ウェブサイトをつくる際の5つのポイント

1.スマホ対応

もはや常識のスマホ対応(モバイル対応)です。
2016年秋にはGoogleがモバイルファーストインデックスを開始し、Googleの評価基準はパソコン用ではなく、モバイル用サイトになったことで、ますます重要性が高まりました。

モバイルファーストインデックス対応を考え、レスポンシブウェブデザインでウェブサイトを作るのが基本となるでしょう。

Googleが提唱するモバイルページ高速化プロジェクト「AMP(Accelerated Mobile Pages)」は、すべてのサイトに有効ではないようなので、2017年は様子見になりそうです。

 

2.常時SSL化

2017年新たに標準仕様となりそうな常時SSL化も、新規作成やリニューアル時には必須項目です。

フジデンキでは、2016年春から常時SSL化を標準として制作していますが、2017年も継続して行なっていきます。

ウェブサイトは常時SSLが標準になる | 3061.jp @FUJIDENKI

 

3.スマホを意識したページづくり

ウェブサイト自体をスマホ対応にするのは当然ですが、掲載する内容もスマホで見やすい構成にすることを意識しておかなければなりません。
文字は少なめにし、見出しや画像を効果的に使って、スマホの狭い画面でもわかりやすい内容のページを作るようにします。

メニュー構成や表示も、スマホでも迷わないような配慮が必要になります。

 

 

4.ブログの有効活用

お店や会社のブログを作る際は、ブログの記事からウェブサイトへの導線を作るため、CTA(コール・トゥ・アクション)を活用します。

もちろん、ブログもウェブサイトと同じドメインで運用するスタイルにし、ブログを書き続けることで、ドメインの価値を上げるという効果を利用します。

 

 

5.SNS連携

ウェブサイトのお知らせやブログの投稿は、自動的にSNSに投稿される設定をして、SNSを手間をかけずに運用するシステムを作り、ウェブサイトとブログを軸にしたSNS活用を推進します。

さらにGoogleマイビジネスの運用もおすすめしていきます。

 

 

小さなお店や会社でも活用できるウェブサイトを!

フジデンキでは、小さなお店や会社でも大きな費用をかけずにウェブサイトを持ち、成果をあげるための運用のお手伝いをさせていただきます。

ウェブサイトを持ちたい、活用したいという方、お気軽にご相談ください。

 

関連記事

  1. 紙とはちがうのだよ、紙とは!

  2. ウェブサイトは常時SSLが標準になる

  3. HTTPSサイトに欠かせないSSLとは?

  4. Google Site Search と Google カスタム検索エ…

  5. 使われなくなった規格には理由がある

    使われなくなった規格には理由がある:フレーム

  6. 使われなくなった規格には理由がある

    使われなくなった規格には理由がある:テーブル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog