Yahoo!カテゴリー終了、ひとつの時代が終わった

 

Yahoo!カテゴリーが2018年3月29日で終了するという発表がありました。

1996年、インターネット黎明期からのサービスが終了するということで、時の流れとひとつの時代の終わりを感じます。

「Yahoo!カテゴリ」「Yahoo!ビジネスエクスプレス」サービス終了のお知らせ

 

もはや知らない人の方が多い? Yahoo!カテゴリー

インターネット黎明期からしばらくの間、検索といえばYahoo!、Yahoo!といえばYahoo!カテゴリー(通称 ヤフカテ)という時代がありました。

当時はウェブサイトの数も少なく、サイトを探す際はYahoo!のカテゴリー一覧から関連するカテゴリーで追いかけていくという方法が一般的。
2002年頃まではYahoo! JAPANのトップページもカテゴリーを全面に出していました。

 

カテゴリーに掲載してもらうには登録する必要があり、当初は無料でサクッと登録してもらえましたが、インターネットの普及とともに徐々にハードルだ高くなり、商用サイトにはビジネスエクスプレスという、有料(50,000円〜)で登録する(審査あり)という、今ではブラックハットSEOじゃね? というサービスも用意されるようになりました。

 

当時は最強のSEO対策だったYahoo!カテゴリー

ウェブサイトがYahoo!カテゴリーに登録されるというのは、ステータスでもあり、サイトの評価も上がるので、当時は最強のSEO対策でした。
・・・だから50,000円払っても登録するサイトがたくさんあったわけです。

しかし、時は流れ、Googleの台頭もあり「キーワード検索」が主流になるとYahoo! JAPANもカテゴリー検索よりキーワード検索を重視するようになり、自然とYahoo!カテゴリーの存在も忘れられていきました。

 

Yahoo! カテゴリーの今

現在のYahoo! JAPANトップページでは、Yahoo!カテゴリーは下記の位置にひっそりと存在しています。

ウェブサイト、ブログ、SNSのまとめサービス – Yahoo!カテゴリ

 

カテゴリーの内容は下記のようになっています。

 

現在も登録申請ページが存在します。

 

検索=キーワード検索の時代

Googleはサービス開始時からキーワード検索でしたが、徐々にそれが当たり前になり、今では「検索=キーワード検索」となっています。

Yahoo!がサービスをYahoo!カテゴリーのサービスを終了すると判断したのは、サービスを継続するほどの利用がないということなのでしょう。

これも時の流れ、カテゴリー(ディレクトリ)検索というひとつの時代の終わりですね。

 

カテゴリー検索はサイト単位の検索でしたが、キーワード検索はページ単位の検索になり、ウェブサイトのトップページ以外の1ページ1ページが検索の対象になります。

キーワード検索では思わぬページがヒットしてサイトへの流入につながることもあるので、1ページ1ページ丁寧につくっておきたいです。

 

Yahoo! JAPAN=Google

現在、Yahoo! JAPANは検索エンジンにGoogleを採用しているため、検索結果はほぼYahoo! JAPAN=Googleとなっています。

国内の検索サイトのシェアはYahoo!とGoogleで圧倒していますので、SEO対策は対Googleを意識していればOKです。

 

「Yahoo!カテゴリ」「Yahoo!ビジネスエクスプレス」サービス終了のお知らせ

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。
ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。

WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって
小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。

penchi.jp
@penchi - Medium

自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です