WordPressとサーバーの仕様を確認しておこう!

 

WordPressは最新にしておくことで安全が保たれますが、WordPressをインストールしているレンタルサーバーの仕様が古いと、表示しないなどのトラブルが起きることがあります。

 

WordPressにも推奨動作環境がある

Windowsやソフトにはシステム要件といって、動作するためのパソコンの仕様が決められていますが、WordPressにも同様のものがあります。

現時点で最新のWordPress 4.8では、PHPバージョン7以上、MySQLバージョン5.6以上 が推奨動作環境となっています。

日本語

 

レンタルサーバーの仕様を確認する

WordPressをインストールして動作させるのはレンタルサーバーなので、レンタルサーバーがWordPressの推奨動作環境に適応しているかを確認しましょう。

レンタルサーバーの仕様は、レンタルサーバーのユーザーIDとパスワードでログインする管理画面やコントロールパネルで確認できます。
確認するのは、PHPとMySQLのバージョンです。

 

データベースのMySQLはサーバー側でバージョンアップしてくれているのでいいのですが、注意しなければならないのがPHPのバージョンです。

レンタルサーバーではPHPの複数のバージョンが使えるようになっているので、新しいバージョンのPHPにするには、自分で切り替え作業をしなければなりません。

 

PHPのバージョン変更には注意が必要です

新しいバージョンが出ているし、推奨だからPHPを最新に切り替えるぞ! と切り替えたら、ウェブサイトが表示されない! ・・・ということになることもあります。

この原因は、WordPress本体バージョンと、テーマとプラグインのバージョンの問題です。

WordPressのバージョンアップはコントロールパネルで指示が出るのでスムーズにバージョンアップされますし、プラグインも同様ですが、テーマは公式テーマ以外はアップデートは手動なので古いバージョンを使い続けているサイトも多いです。

古いテーマのまま使っていると、PHPを切り替えたら、エラーメッセージが出て表示しなくなったという事態が起こる可能性があります。
PHPは一旦切り替えても戻せますが、古いバージョンのPHPを使い続けるのは、セキュリティ上問題もあるので、できるだけ推奨されたPHPを使うようにしましょう。

 

WordPressサイトのメンテナンスは総合的に行う

WordPressサイトのメンテナンスは下記の点を総合的にチェックします。

レンタルサーバー

  • PHPのバージョン
  • MySQLのバージョン

 

WordPress

  • WordPress本体
  • テーマ
  • プラグイン

テーマのバージョンアップはテーマの配布サイトで確認を

公式テーマ以外のテーマはWordPressのコントロールパネルではアップデートが確認できませんので、テーマを配布するサイトで新しいバージョンのテーマが公開されているか確認します。

テーマのバージョンアップ方法は、そのテーマに付属するマニュアルやサイトにあるはずですので、よく読んで実施しましょう。

 

 

関連記事

  1. WordPress 4.9.7 セキュリティ・メンテナンスリリース

  2. WordPressの基本を理解する

  3. WordPress

    WordPress 5.2 が公開されました

  4. PHPMailerにおける脆弱性問題対策のためWordPressのアッ…

  5. WordPress固定ページではURLの設定に気をつけること

  6. WordPressサイトの健康診断ができるサイトヘルス機能

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. Facebook ビジネスマネージャー
お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine