WordPressとサーバーの仕様を確認しておこう!

 

WordPressは最新にしておくことで安全が保たれますが、WordPressをインストールしているレンタルサーバーの仕様が古いと、表示しないなどのトラブルが起きることがあります。

 

WordPressにも推奨動作環境がある

Windowsやソフトにはシステム要件といって、動作するためのパソコンの仕様が決められていますが、WordPressにも同様のものがあります。

現時点で最新のWordPress 4.8では、PHPバージョン7以上、MySQLバージョン5.6以上 が推奨動作環境となっています。

日本語

 

レンタルサーバーの仕様を確認する

WordPressをインストールして動作させるのはレンタルサーバーなので、レンタルサーバーがWordPressの推奨動作環境に適応しているかを確認しましょう。

レンタルサーバーの仕様は、レンタルサーバーのユーザーIDとパスワードでログインする管理画面やコントロールパネルで確認できます。
確認するのは、PHPとMySQLのバージョンです。

 

データベースのMySQLはサーバー側でバージョンアップしてくれているのでいいのですが、注意しなければならないのがPHPのバージョンです。

レンタルサーバーではPHPの複数のバージョンが使えるようになっているので、新しいバージョンのPHPにするには、自分で切り替え作業をしなければなりません。

 

PHPのバージョン変更には注意が必要です

新しいバージョンが出ているし、推奨だからPHPを最新に切り替えるぞ! と切り替えたら、ウェブサイトが表示されない! ・・・ということになることもあります。

この原因は、WordPress本体バージョンと、テーマとプラグインのバージョンの問題です。

WordPressのバージョンアップはコントロールパネルで指示が出るのでスムーズにバージョンアップされますし、プラグインも同様ですが、テーマは公式テーマ以外はアップデートは手動なので古いバージョンを使い続けているサイトも多いです。

古いテーマのまま使っていると、PHPを切り替えたら、エラーメッセージが出て表示しなくなったという事態が起こる可能性があります。
PHPは一旦切り替えても戻せますが、古いバージョンのPHPを使い続けるのは、セキュリティ上問題もあるので、できるだけ推奨されたPHPを使うようにしましょう。

 

WordPressサイトのメンテナンスは総合的に行う

WordPressサイトのメンテナンスは下記の点を総合的にチェックします。

レンタルサーバー

  • PHPのバージョン
  • MySQLのバージョン

 

WordPress

  • WordPress本体
  • テーマ
  • プラグイン

テーマのバージョンアップはテーマの配布サイトで確認を

公式テーマ以外のテーマはWordPressのコントロールパネルではアップデートが確認できませんので、テーマを配布するサイトで新しいバージョンのテーマが公開されているか確認します。

テーマのバージョンアップ方法は、そのテーマに付属するマニュアルやサイトにあるはずですので、よく読んで実施しましょう。

 

 

投稿者プロフィール

kikuchi@webmaster
kikuchi@webmasterフジデンキ パソコン・ウェブ制作担当

1963年 福島県三春町生まれ。

街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

ウェブ制作環境はMacとAdobe CCがメイン。


WordPressを使ったシンプルで機能的なウェブサイトをつくって

小さなお店や会社の皆さんに活用してもらいたいと思っています。


penchi.jp

@penchi – Medium


自分で更新できるウェブサイトで成果を上げる

「自分で更新できるウェブサイトを提供したい」とWordPressサイトの制作を始めてから10年以上。
スマホ対応やHTTPS化など、先を見据えたウェブサイトづくりを心がけ、成果を上げるための仕組み作りのご提案もさせていただきます。

現在運用中のウェブサイトのリニューアルも承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です