WordPressのPHPについて

 

WordPressのバージョンアップの際に気をつけなければならないことのひとつに PHPのバージョン があります。
システム要件に合わないPHPのバージョンを使っていると、トラブルが起きることがあるので注意が必要です。

 

WordPressに欠かせないPHP

WordPressを動作させる際に欠かせないのがPHPです。
WordPressは様々なPHPコードを使って構成されており、それらを動作させるのに欠かせないのがPHPです。
PHPはサーバー(レンタルサーバー)に用意されており、用途にあわせていくつかのバージョンの中から選んで利用できます。

 

WordPressのシステム要件に合わせたPHPを使う

WordPressにはシステム要件があり、推奨されるPHPのバージョンも指定されています。

2021年9月11日時点で最新のWordPress 5.8.1のシステム要件は下記のようになっています。

WordPress 5.8.1では、PHPはPHP7.4以上が推奨されていますので、レンタルサーバー側ではこれにあわせたPHPを設定しておきましょう。

上記の画像はエックスサーバーのPHPの設定画面ですが、PHP7.4.3の上にさらに新しい PHP8.0.7があります。
WordPressではPHP7.4以上という仕様なので、PHP8.0を選択してもOKですが、テーマやプラグインによっては不具合を起こすものがあるので、バージョンアップには注意が必要です。
もしPHPをバージョンアップして不具合が出たら、元のバージョンに戻すことができるので、不具合が出たら速やかに戻しましょう。

現時点ではPHP8.0で不具合が出る例が目立つので、PHP7.4を使うのが無難なようです。

 



 

関連記事

  1. WordPress 4.9.5 セキュリティ・メンテナンスリリース

  2. WordPress 4.7.4 が公開されました

  3. WordPressとサーバーの仕様を確認しておこう!

  4. WordPress 4.7 は、新機能満載で間もなく公開

  5. WordPress 4.8.1 が公開されました

  6. WordPressとの出会いから10年

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ

 

FD Magazine