書いたブログをさらに活用する二次利用のススメ

ec-blogpv

 

労力と時間をかけて書いたブログの記事、ブログで公開して終わりではもったいないです。

せっかく書いた記事をさらに活用する二次利用をしてみませんか?

 

ブログ記事の二次利用

ブログの記事の二次利用にも色々な方法があります。

SNSで拡散

FacebookやTwitterなどのSNSで、ブログ記事のURLを貼って投稿し、記事を拡散させます。

IFTTTのような連携サービスを使えば、自動的にSNSにも投稿できます。

IFTTT

 

メールマガジンを発行する

ブログの記事をまとめて紹介するメールマガジンを発行する、という手法もあります。

メールマガジンというと内容を考えて書くのが大変に感じますが、簡単な挨拶とブログ記事へのリンクを貼っていくだけなので、手間はそれほどかかりません。

フジデンキでは「週刊フジデンキ」というメールマガジンを発行し、ブログの記事を紹介しています。


img-wfd01


週刊フジデンキ | お客様サポート | フジデンキ

 

まとめ記事を書く

同じテーマで書いた記事が複数蓄積された場合は、それらの記事をまとめた、目次のようなまとめ記事を書くと、各記事が読みやすくなり、読んでもらえる機会が増えます。

 

カテゴリーをそのままコンテンツにしてしまう

継続して記事を書くテーマがあれば、それをカテゴリーで指定すれば、そのカテゴリー自体がひとつのコンテンツになります。

特定のカテゴリーだけをメニューとして表示さることができます。

img-bogmenu

 

また、ウェブサイトでカテゴリーのURLをリンクして紹介するといったこともできます。

img-blogsite

 

質のいい記事は時間が経過しても読まれる

質のいい記事、役に立つ記事は、時間が経過しても読まれます。

1年以上前に書いた記事が未だにそのブログで一番アクセスが多い記事になっている・・・ということはよくあるのです。

せっかく手間暇をかけて書いたブログの記事ですので、大勢の皆さんに読んできただき、役に立って欲しいですので、目に触れる機会を増やすことも考えましょう。

ご自身のブログの二次利用を考えてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

  1. アメブロの常時SSL化でバタバタしてるらしい

  2. 8月の記事ネタ

  3. Facebookではなくブログをすすめる3つの理由

  4. ブログからウェブサイへスムーズに行けますか?

  5. ブログのカテゴリーを作りすぎないようにしよう

  6. 「見せる」を意識した記事を書く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog