WordPressとの出会いから10年

 

去年あたりから、菊地の身近なところのウェブサイトもWordPress化されています。
HTMLでつくった旧規格のサイトがリニューアルされたのをみると、みんなWordPress。
自分で更新できるウェブサイトの魅力を、やっとわかってきたのかな・・・と思い、うれしくなります。

 

簡単に更新できる仕組みが欲しい!

初めて菊地がウェブサイトをつくったのは、1995年秋。インターネットを始めた3ヶ月後。
世の中はWindows 95フィーバーのまっただ中。

テキストエディタでHTMLのコードを書き、FTPでアップして・・・というスタイル。

実際に運用してみると、更新作業の大変さを実感し、何かもっと簡単に更新、情報発信のできる仕組みはないのか・・・と探し始め、見つけたのがTOKYO BBSというCGIプログラム。これが2000年あたりかな?

その後程なくして ブログ というものが世の中に出てきて、速攻で移行しました。

ブラウザで記事を書いて更新できるという仕組みは本当に便利だ! と感じていました。

 

WordPressとの出会い

当時のブログは無料のブログサービスを利用するしかありませんでしたが、そのうちに Movable Type というレンタルサーバーにインストールして自前のブログを持つことができるプログラムに出会い、思考錯誤しながら運用していました。

そして、そんな中 WordPress ME という、WordPressから派生したプログラムを見つけます。
これが、菊地とWordPressの出会い。多分、2007年頃だったと思います。

衝撃的だったのが 固定ページ という仕組み。
WordPress MEでは、ブログの記事ではなく一般的なページをつくる機能がありました。当時はせいぜいプロフィールページ的なもののためだったのでしょうが、これをみてなんとかなるかもしれないと思いましたね。

 

その後、Movable TypeやWordPressはもちろん、XOOPSやConcreteなどのメジャー処のシステムを次々と使ってみて、7,8年前にWordPressに落ち着いたという次第。

WordPressという仕組みを初めて使って10年になります。

今では世界のウェブサイトの27%はWordPressでできている(2016年11月現在)と言われるようになっていますが、これはブログシステムからウェブサイトを構築できるCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)へと進化したWordPressの魅力の大きさでしょう。

 

これまでの10年間、WordPressに触れ、様々な運用をしてきた経験を生かし、これからもいいウェブサイトをつくって、運用していただき、成果を上げてもらえるよう、がんばっていきますので、よろしくお願いいたします。

 

日本語

 

関連記事

  1. WordPress 4.7.1 セキュリティメンテナンスがリリースされ…

  2. WordPress

    WordPressを安全に運用するためにする3つのこと

  3. WordPressサイトの健康診断ができるサイトヘルス機能

  4. WordPressの投稿と固定ページの使い分け

  5. WordPress 4.7.4 が公開されました

  6. WordPressのブログ機能を使わないのはもったいない!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog