• SEO

Googleが求める価値が高いサイトとは?

 

Googleの検索結果で上位表示されたい・・・ウェブサイトを運用するすべての方が望むことです。

上位表示されるにはGoogleに「このサイトは価値が高い」とみなされなければなりません。

 

Googleが求める価値が高いサイトとは?

Googleが求める価値の高いサイトの条件の目安となるのが、Google AdSence(グーグル アドセンス)の「ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン」です。

Google AdSenceは、ウェブサイトやブログ上に表示される広告サービスで、Googleが提供する広告を掲載するには、Googleの審査にパスする必要があり、その基準となるのが「ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン」です。

 

Googleが価値が高いと判断するサイトの主な特徴をいくつかあげてみます。

利用するユーザーの役に立つ情報がある

Googleの求める最たるものが「利用するユーザーの役に立つ情報がある」ということ。
最大のポイントです。

 

独自性がある

どこででも手に入る情報や、他のサイトの内容をコピーしたようなコンテンツではなく、そのサイトならではの独自性があるコンテンツが求められます。

お店や会社のサイトの場合、あなたのお店や会社ならではの商品やサービス、仕事の仕方、体験等を交えて独自性を出すことが重要です。

 

 

相応のボリュームがある

きちんとした内容の記事であれば、自然とそれ相応のボリュームになるはずです。

数行のテキストと写真1枚といったような、中身のないコンテンツは評価を下げます。

 

自然な文章であること

特定のキーワードを強調しようとして羅列してみたり、無理矢理キーワードを盛り込むなどをすると、文章は不自然になります。
また、日本語として不自然な文章は「自動で生成されたコンテンツ」と判断されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

読んでみて自然な日本語になっているかを確認しながら作成しましょう。

 

 

使いやすいサイトになっているか?

利用者が必要な情報をスムーズに見つけることができるか、サイトの中で迷子にならないか、という点も重要です。

サイトのメニュー構成やブログのカテゴリーやタグなどがいい加減だと、いくらいいコンテンツがあっても見つけにくくて使えない・・・となってしまいます。
作り手側では校正を熟知しているのでわかりますが、利用者側ではわかりにくいということも多々あります。

自サイトやブログを利用者目線でみて、使いにくいと感じた点は修正していきましょう。

 

まとめ

サイトをつくっている・運用している側に立つと、ユーザー目線で見ることを忘れてしまうことがあります。

Googleの求める最大のポイントである「利用するユーザーの役に立つ情報がある」ということを忘れずに、ユーザー目線で見返しながら運用していくことを心がけていきたいですね。

この点で、下記の記事はとても参考になるので、紹介しておきます。

 

関連記事

  1. Googleのモバイルファーストインデックスが国内でも適用され始めたよ…

  2. 2018年 スマホ対応してないと検索結果の順位が激下がりする?

  3. Googleのモバイル対応 2017年はこうなる

  4. Googleが評価する4つのポイント

  5. Googleの検索品質評価ガイドラインが更新されました

  6. Googleがアルゴリズム変更のフレッドアップデートを実施

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 2月 13日
  2. 2019年 2月 20日

新着記事

お店や会社のブログ活用塾

 

フジデンキ メールマガジン

 

フジデンキ

 

FD Blog