記事作成 テクニック編

テクニック編:記事タイトルの付け方

 

実際にブログの記事を書く作業で決めなければならない重要なものに 記事のタイトル があります。

記事のタイトルはユーザーに読まれるための他、SEO対策の面でも重要なポイントなので、きちんと知っておきましょう。

 

タイトルの文字数は32文字以内がいいという理由

ブロガーさんたちの間では、以前から「ブログ記事のタイトルは32文字以内に収めるのがベスト」と言われていますが、どんな理由から32文字という文字数が出ているのでしょうか?

それは、Googleの検索結果の表示で、記事タイトルの文字数が32文字までしか表示されない ということからきています。

 

32文字を超えたものは ... となり、表示されません。

※上記の例では、記事タイトル|ブログ名 という表示で、切れているのはブログ名で、記事のタイトルはすべて表示されるので、ギリギリセーフといったところでしょうか。

 

必ず32文字以内に収めなければならないというわけではありませんが、目安として32文字以内を意識してタイトルを付けるようにすればいいですね。

 

効果的なタイトルの付け方の5つのポイント

1.タイトルと記事の内容が一致している

タイトルを読めば「あぁ、この記事にはきっとこんなことが書いてあるんだろうな。」と、読み手にわかるようなタイトルを付けるのが理想です。

タイトル全然違う内容だったら、読み手はがっかりしますし、「釣りじゃないか!」と怒りを覚えるかもしれません。

記事の内容が容易に想像できるタイトルを付けるようにしましょう。

 

2.役に立つことがわかる

この記事は自分に役に立つ、問題を解決してくれる、ということがわかるようなタイトルも好まれます。

自分が******のことを調べていたり、悩んでいるときに 「*****の方法」や「*****のテクニック」「*****のポイント」といった関連するワードのタイトルの記事があったら「読みたい!」とクリックしますよね。

「*****の方法」なんてベタなタイトルの付け方かもしれませんが、これがわかりやすくていいんです。
誰にでもわかる ということは大切なことです。

 

3.具体的な数字が入る

書籍等でも多く見られますが、タイトルに具体的な数字が入っているのは効果があります。

「1ヶ月で3kg痩せた! つらくない****式ダイエット」

「ブログを定期的に更新するための3つのコツ」

「キレイに写真が撮れるおすすめスマホアプリ3選」

ダイエットであればこのくらいなら自分もできるかも、と思いますし、3つコツや3選というのはどの程度の情報量かということがわかるので、記事の内容をイメージしやすいという効果があります。

 

 

4.ユーザーが使うワードを入れる

そのブログ記事を見つけるのが検索サイトだった場合、相手が使うワードが入ってなければ検索の対象になりません。

記事を書く際は、「どんなワードで検索するだろう?」 ということを考え、相手が検索で使いそうなワードをタイトルに入れるようにします。

ダイエットのことを記事にする際、痩身術というユーザーは使いそうにない言葉を用いても効果はありません。

ダイエットの記事であれば、タイトルに ダイエット というワードを入れ、記事の中でも ダイエット というワードを適度に使うことで、そのページは ダイエット というワードで検索した際に表示されやすくなる、ということになります。

 

5.わかりやすく短いものにする

先にあげた32文字という文字数もありますが、記事の内容がわかるようにといっても、ダラダラと長いタイトルにするのはやめましょう。

記事の内容がわかりやすく簡潔なタイトルが理想です。

短くてもわかりやすいタイトルの見本となるのは、Yahoo! JAPANのトップページにあるニュース枠です。

14,5文字と短い文字数で、その記事の内容を実によくあらわしていますので、これから利用する際は、そういった点も意識して見てください。勉強になりますよ。

 

釣りや煽りは厳禁

アクセスが集まりそうだからと、記事の内容と違うタイトルを付ける釣りや、些細なことを過大に表現する煽りは、ブログ、ひいてはお店や会社の信用を損なうのでやってはいけません。

一時的にアクセスが伸びても継続はしませんし、成果をあげることはできません。
逆に炎上というリスクもあるので、釣り・煽りは厳禁です。

 

まとめ

タイトルは少ない文字数の中でいろいろなことを表現することから、俳句や短歌になぞらえる方もいます。
Googleが表示するのは32文字ですが、短歌の五七五七七=31文字を意識して考えるとよい、という説もあったりします。

あまり深く考えすぎるとタイトルを付けることができなくなってしまいますが、ここであげたことを少し意識してタイトルを付けるようにしてはいかがでしょうか?

付けたタイトルよりいいタイトルが浮かんだら、サクッと修正しちゃえばいいわけですし、タイトル付けも訓練のうちと思って楽しみながらやっていきましょう!

 

 

3061.jp @FUJIDENKI

-記事作成, テクニック編
-

Copyright© お店や会社のブログ活用塾 , 2019 All Rights Reserved.