記事作成 テクニック編

テクニック編:画像を上手に使おう

投稿日:

 

ブログの記事を書く際に画像を使うことはとても重要なポイントです。

様々な効果があるので、上手に使っていきましょう。

 

1000文字の文章より1枚の画像

1000文字の説明するより、1枚の写真(画像)の方がわかりやすいこともある、と言われます。

実際に何かを文章で説明しようとすると難しいことがあり、くどくどと長文になってしまうことがありますが、それでもなかなか上手く伝わらないものです。
ところが「これです!」という写真が1枚あるだけで、とてもわかりやすく使えることができたりします。

ブログで記事を書く際に、参考になりそうな画像や写真がある場合は、積極的に使うようにしましょう。

 

記事のアクセントとして使う

見出しを使って見やすく という記事でも書きましたが、モニターで文章を読むのは新聞や本を読むより疲れる、読みにくいという面があります。

テクニック編:見出しを使って見やすく

  ブログに標準で備わっている機能ですが、案外使われていないものに、見出し があります。 見出しを上手く使うことで、ぐっと見やすい記事になるので、ぜひ活用しましょう。   モニター ...

平板な文章の合間に画像を差し込むとアクセントになりますし、どこまで読んだかという目安にもなります。

記事の内容に沿ったイメージなどを差し込むと、ぐっと見やすくなります。

 

 

加工して説明用の画像を使う

このブログ活用塾でも使っていますが、何かを説明する際は、対象となるものの画像を使い、矢印や文字入れをして説明用の画像を作って掲載すると効果的です。

ーーーーー

加工した説明用画像の例

ーーーーー

 

スマホユーザーは文字を読まない=効果的な画像の使用が重要

ネット利用はパソコン以上にスマホでの利用者が多くなり、ブログの記事もスマホで読まれることを意識しておかなれればなりません。

スマホでは狭い画面でスクロールさせていくので、文字の多い記事は読み飛ばされてしまう傾向にあります。

スクロールさせる手をとめるには、効果的な画像が一番有効です。
内容に関係のないいわゆる"釣り"画像はいけませんが、記事の内容に沿ったインパクトのある画像があれば手をとめてもらいやすいですし、読みやすさやわかりやすさという点でも効果があります。

 

 

手間をかけた分効果はある

画像を使うとなると、画像を探したり、写真を撮影する、またそれを加工するといった手間がかかりますが、手間をかけた分の効果はあります。

ブログ記事を書く際は、効果的に画像を使う ということを意識して記事を作りましょう。

 

 

3061.jp @FUJIDENKI

-記事作成, テクニック編
-

Copyright© お店や会社のブログ活用塾 , 2019 All Rights Reserved.