ウェブサイト新規制作時のポイント

新しくウェブサイトをつくりたい方へ

新たにウェブサイト(ホームページ)をつくって運用していきたいという方に知ってもらいたい、考えていただきたいことをあげてみます。

 

目的を明確にする

ウェブサイトの目的は?

あなたがウェブサイトでやりたいことは何でしょう?
その目的を明確にしてください。

 

ウェブサイトのターゲットは?

そのウェブサイトは誰に利用して欲しいですか?
年齢や性別、職業や居住地など、利用して欲しいユーザーのペルソナ(ユーザー像)を検討してください。

 

 

ウェブサイトの仕様について

モバイル対応

ウェブサイトの利用はパソコンよりスマートフォンでの利用が多い時代、モバイル(スマホ)対応は必須事項です。
Googleのモバイルファーストインデックス(モバイルサイトをサイト評価の基準とする仕組み)でも評価をあげられるよう、表示画面のサイズに合わせて最適化表示するレスポンシブ・ウェブ・デザインが有利です。

 

HTTPS化(常時SSL化)

ウェブサイト利用時の通信内容を暗号化して保護するHTTPS化も必須の時代です。
2018年からはブラウザが非HTTPS化サイトに対し「保護されていない」という警告を出すようになり、HTTPS化はますます重要になっています。

 

WordPressの採用

ウェブサイトの更新やメンテナンスの容易さも重要な検討事項です。
専用のソフトが不要で、ブラウザで更新やメンテナンスができるWordPressであれば、それらの作業にかかる費用も抑えることができます。

 

 

運用面

日々の更新作業

そのウェブサイトは誰が、どの程度の頻度で更新しますか?
担当者のパソコンのスキルはどの程度ですか?

ウェブサイトは公開したときがスタートであり、継続的に更新、メンテンナスをしなければ成果を上げることはできません。
更新作業については特にしっかりと検討してください。

 

SNSの運用

FacebookやTwitter、Instagram、LINE@などのSNSは運用しますか?
運用は誰が担当しますか?

SNSを運用する場合は、ウェブサイトを基点にして連携させる運用を行うことが重要です。
ウェブサイトもその仕組みを持った仕様にする必要があります。

 

アクセス解析を元にした運用

ウェブサイトの動きを知るためにはアクセス解析が欠かせません。

成果を上げるための運用は、アクセス解析を定期的にチェックし、PDCA※を行うことです。
※PDCAはPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって継続的に業務を改善しながら行っていく手法です。

 

 

ウェブサイト制作

担当者直通専用ダイヤル080-2338-9338受付時間 9:00-19:30 [ 日曜日 除く ]

お問い合せはこちら お気軽にお問い合せください。