SNS連携

ウェブサイト活かすためSNSを使う

ウェブサイトを活用するために欠かせないのが、FacebookやTwitterといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。

ブログや複数のSNSを単独で活用するのは大変ですし、やり方によっては思ったような効果を得ることができません。

WordPressで制作したウェブサイトは、SNSとの連携機能が充実しているので、効率的にウェブサイトを中心にSNSを活用していくことが可能です。

 

更新情報をSNSへ自動投稿できる

ウェブサイトのお知らせや、ブログに投稿した情報を、自動的にFacebookやTwitterに投稿することができます。

1度の手間で、ウェブサイト(ブログ)・Facebook・Twitterの3カ所に投稿できるので、少ない手間で効率よく情報発信ができます。

間違った情報の発信を防ぐことができる
ウェブサイトやブログの記事をFacebookやTwitterに連携投稿することによって、記事の内容はウェブサイトやブログにあるものを表示することになるので、もし間違った情報を投稿しても、発信元のウェブサイトやブログの記事を修正すればOK。
SNSで拡散されるのは、ウェブサイトやブログへのリンクなので、間違った情報がSNSで拡散し続けたり、残ってしまうことはありません。

 

img-sns01

 

SNSの情報をウェブサイトに取り込む

FacebookやTwitter、Instagram(インスタグラム)の投稿を、お知らせやブログの記事に貼り付けて表示することもできますし、instagramに投稿した写真をまとめてウェブサイトやTumblr(タンブラー)に表示させるといった連携もできます。

SNSはウェブサイトやブログの連携投稿ばかりだと、飽きられてしまう傾向がありますので、SNSを発信元として利用することも併用し、SNSの記事の2次利用する手法を使うとより効果的です。

 

ウェブサイトを核としてSNSを活用する

更新しやすいからと、FacebookやTwitterなどのSNSばかり更新し、肝心のウェブサイトに情報がない・・・という例も見られますが、これでは本末転倒。

あくまでも中心はウェブサイトです。
ブログも各SNSすべて、核となるウェブサイトに入りやすいような仕組みを作ることが大切です。

img-web-sns

 

SNSの特性に合わせた利用

SNS活用に際しては、それぞれのSNSの特徴や利用者の傾向(年齢や性別など)を把握し、それに合わせた活用をするのがポイントです。

 

ウェブサイト制作

担当者直通専用ダイヤル080-2338-9338受付時間 9:00-19:30 [ 日曜日 除く ]

お問い合せはこちらお気軽にお問い合せください。