自分で更新して、成果を上げるウェブサイトをつくる

特定環境に依存しないウェブサイト

ウェブサイトを利用するユーザーは様々なパソコン、スマートフォン、タブレットなどで利用しています。
それら多様な環境でもスムーズに利用できる、特定環境に依存しない仕様のウェブサイトを制作いたします。

どんなブラウザでもきちんと表示される

ウェブサイト(ホームページ)を利用するためのブラウザは多くの製品があります。
Windows 10ではEdgeが標準ブラウザですが、以前からあるInternet Explorer(以下IE)もあります。MacではSafariが標準ブラウザです。
さらにWindowsやMac、Linuxで利用できるChromeやFirefox、Operaといったブラウザもあり、Chromeなどは標準ブラウザ以上の人気・普及率を誇っています。
これら様々なブラウザでも正常に表示され利用できるというのは、ウェブサイトの最低条件です。
一部では特定のブラウザ(仕様の関係上IEであることが多いです)で、正常に表示されない、表示が崩れるといったサイトもありますが、そうならないウェブサイトを制作しています。

ブラウザ
パソコン

モバイルファースト

ウェブサイトはスマートフォンでの利用がパソコンでの利用を上回っている現在、スマートフォンで快適に利用できるモバイルファーストなウェブサイトである必要があります。
パソコン・スマートフォン・タブレットなど、様々な表示サイズに自動的に最適化して表示してくれる「レスポンシブ・ウェブ・デザイン」を採用し、どのような環境でも見やすく使いやすいウェブサイトを制作いたします。
Googleのサイト評価も、2018年からスマートフォンサイトの評価を基本にする「モバイルファースト インデックス」に変更されているので、モバイル向けサイトがパソコンでの検索結果にも影響するので、とても重要なポイントになっています。